life style PR

変な家の年齢制限は?小学生や中学生の子供は見れるのか調査!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『映画変な家の年齢制限は?小学生や中学生の子供は見れるのか調査!』について紹介します。

映画『変な家』は、YouTube動画を基に物語の続きを加筆し書籍化した同名小説を映画化した作品で、2024年3月15日に公開されました!

違和感だらけの“変”な間取りの裏に隠された驚きの真実に迫る展開で話題を集めている『変な家』。

この映画は怖い要素は含まれているのでしょうか?

また、年齢制限は設けられているのか、子供が見れるのか調査してみました。

映画が1100円で見られる!

この先はネタバレを含むので注意してください。

映画変な家の年齢制限は?子供は見れる?

映画『変な家』に年齢制限はありません。

劇場には子供もたくさんいらっしゃいます。

中学生くらいの年齢であれば問題ないと予想されますが、ホラー要素が強く個人差があるので、ホラーに対して免疫がなかったり怖がりな子供は見るのを避けたほうがよさそうです。

子供の年齢だけでなく、性格やこれまでに見た映画の種類なども考慮する必要があります。

どうしても子供が見たいという場合は、保護者の方が映画の内容を事前に確認し、子供が見ても大丈夫かを判断することをオススメします。

 

映画変な家は怖い?

『変な家』の原作はYouTuber雨穴さんの作品ですが、映画は原作とは異なっており怖い要素も多いようです。

具体的にご紹介していきますね。

 

映画『変な家』の怖い要素

映画『変な家』は怖い要素が含まれています。

一人で見るには強すぎるという声が多くあり、ミステリーだけでなくホラー要素も強いようです。

映画『変な家』は不動産ミステリー小説を原作としており、物語は不可解な間取りを持つ一軒家の謎を解き明かす過程を描いています。

原作小説の内容や映画の紹介を踏まえると、伝統的なホラー映画のような露骨な怖さやグロテスクな描写を前面に押し出しているわけではなさそうです。

しかし、不気味な謎や不可解な現象を追うミステリー要素も心理的な緊張感や恐怖を感じさせるでしょう。

最終的に映画『変な家』が怖いかどうかは個人の好みや恐怖に対する耐性、期待する「怖さ」の種類によって変わるため、一概には言えません。

映画の評判や口コミ、予告編などをチェックして自分にとって興味深い内容かどうかを見極めることをおすすめします。

\予告編はこちら/

 

映画『変な家』について

映画『変な家』はオカルト専門の動画クリエイターである「雨男」こと雨宮(間宮祥太朗)が、引っ越し予定の一軒家の「変な」間取りについて相談を受けるというミステリー作品です。

この家の間取りには作った人の意図が存在し、そこには人間の闇が見えることもあると言われています。

雨宮はミステリー愛好家で変人設計士の栗原さん(佐藤二朗)にこの間取りについて相談しますが、その結果不思議な真実が明らかになっていきます。

観客の感想は様々で、佐藤二朗のキャラクターやホラー要素が楽しいという声もあり、ミステリーよりもホラーとして楽しめる作品と言えるでしょう。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

映画『変な家』の口コミ

映画『変な家』の口コミについてご紹介します。

『怖いけどおもしろい!』『原作とは違った!』という声が多く見られました。

原作とは違った作品だと思って視聴するのがよさそうです!

 

 

映画変な家の怖さを削減する方法

こちらは小ネタですが、映画変な家が強すぎる場合は事前に『察しの悪い雨穴の変な家』をみることをオススメします。

笑える要素が入っているので、映画を見ていてもこちらのネタが頭に浮かんで怖さが削減されるようです。

ただ、ホラー要素を楽しみにしている方は映画を見終わってからチェックしてみてくださいね!

 

まとめ

今回は『映画変な家の年齢制限は?小学生や中学生の子供は見れるのか調査!』について紹介しました。

ポイントまとめ

●映画『変な家』は怖い要素が含まれている。

●映画『変な家』に年齢制限はない。

●映画『変な家』が子供がみれるかどうかは、保護者の判断が必要

前提として、原作雨穴さんの『変な家』とは内容がかなり違います。

出だしは同じですが、原作とは違った作品として楽しんでくださいね♪

映画が1100円で見られる!

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。