knowledge PR

Temuが怪しいといわれる理由は?運営会社やセキュリティについて紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『Temuが怪しいといわれる理由は?運営会社やセキュリティは?』についてご紹介します。

近年、急速に注目を集めているオンラインマーケットプレイス「Temu」!

とても魅力的な価格と多様な商品で多くのユーザーを引きつけていますが、一方で「怪しい」という声も少なくありません。

Temuがなぜそのような評判を得ているのか、運営会社の背景やセキュリティ対策について詳しく調査しました。

本記事では、Temuの魅力とともに、ユーザーが安全に利用するために知っておくべきポイントを解説します。

この記事でわかること

●Temuが怪しいといわれる理由

●Temuの運営会社

●Temuのセキュリティについて

 

Temuが怪しいといわれる理由は?

Temuが怪しいといわれる理由はどうして?

Temuが怪しいと噂されている理由は、商品が驚くほど低価格で販売されているからです!

では、具体的に見ていきましょう!

 

商品が安すぎる

Temuでは服、アクセサリー日用品などさまざまな種類の商品が販売されています。

種類も豊富でこの価格は魅力的ですが、あまりの安さに心配になりますよね…!

さらに最低注文金額以上(1,400円以上)の購入で送料無料!

当然、あまりのお得さになにか裏があるのでは?と怪しむ声が多いです。

ほかにもTemuには驚くほどお得なサービスがあります。

その驚くほどお得なサービスについて見ていきましょう♪

 

初回インストールで更に安い

Temuでは、下記URLからアプリ初回インストール時になんと15,000円分のお得なクーポンが配布されます!

このクーポンは一括で15,000円が付与されるわけではありません。

「45,000円購入で15,000円割引」

「10,000円購入で3,000円割引」

といったように分割して配布されます。

それでも、他通販サイトだと初回でも1,000円〜5,000円のクーポンが標準的なのでお得すぎますよね。

これは怪しいと思われても仕方がないかもしれません・・・!

あと、Temuのクーポン表示画面の演出が怪しいとの声もありました。

中国の会社なので、日本人には馴染がない演出となってます!

ただ、これが標準なので安心してくださいね。

次はTemuの商品についてみていきましょう!

 

Temuの運営会社は?

Temuの運営会社はどこなの?

Temuの運営会社は中国のPDD Holdingsという会社です。

中国で「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」という格安ECを運営していて、Temuはその拼多多の海外版アプリとなります。

Temuは2022年にアメリカで事業を開始してから、その後世界各国にサービスを展開していきました。

日本では2023年7月からサービスを開始しています。

とても最近ですね!

 

Temuのセキュリティについて

Temuのセキュリティについて知りたい!

Temuは情報の保護に全力で取り組んでいて、ユーザーのクレジットカード情報をPCI‐DSS標準に従って暗号化して保護しています。

しかし、セキュリティが万全!とは断言できかねます。

購入したい商品がある場合は、コンビニでの決済、paypay、paypalなどで支払いしよう!

 

まとめ

まとめ今回は『Temuが怪しいといわれる理由は?運営会社やセキュリティは?』についてご紹介しました。

この記事での要点

●・Temuが怪しいといわれてる理由は購入者にとってお得すぎるから!
●Temuの運営会社は中国のPDD Holdings

●Temuで商品を購入する場合はクレジットカード以外での支払いが安全!

驚きの低価格で商品を提供していることから利用者が増えつつあるTemu。

他の通販サイトでもいえる事ですがネットショッピングをする以上、リスクがあることを考えて商品を購入したいですね♪

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。