knowledge PR

離婚式の費用はいくら?相場や会場場所についても紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『離婚式の費用はいくら?相場や会場場所について』ご紹介します。

本日2024年2月29日が4年に一度のうるう年ということで、「円満離婚の日」と称され 結婚指輪を2人で叩き潰す「離婚式」が多く行われています。

そんな離婚式ですが、かかる費用はいくらなのでしょうか?

相場や離婚式が行われる会場場所についてもご紹介したいと思います。

離婚式の費用はいくら?

離婚式の相場

離婚式は近年、一部の人々にとって新しい形のセレモニーとなりつつありますが、その費用は開催する国や地域、式の規模、内容などによって大きく異なります。

一般的な離婚式にかかる費用は会場によって異なり、相場は55,000円から200,000円です。

詳細は以下の通りです。

●離婚式場やお寺での式は約200,000円

●レストランや屋形船での式は約100,000円

●離婚屋敷での式は約55,000円

引き出物の準備や「ご終儀」として3,000円から5,000円を包む習慣もあります​。

 

離婚式の会場場所

離婚式の会場は様々で、離婚式場やお寺、レストラン、屋形船、離婚屋敷などがあります。

会場によって雰囲気や費用が異なり、よりフォーマルな式を望む場合はお寺や離婚式場が選ばれることが多く、カジュアルなものを好む場合はレストランや屋形船が選ばれる傾向にあります。

離婚屋敷は比較的手頃な価格で提供されています。

選ぶ会場によって、式の印象や費用が大きく変わるため、離婚のスタイルに合った場所を選ぶことが大切です。

 

離婚式について

なぜ離婚式を行うのか?

離婚式は、離婚を控えたり既に離婚した夫婦が、家族や友人たちの前で再出発の決意を示すセレモニーです。

この式は、離婚に伴うネガティブな印象を軽減し、離婚を明るく祝うために行われています。

2009年頃からメディアで取り上げられ、注目を集めています。

 

離婚式の内容

離婚式の内容は、離婚する夫婦が再出発の意志を示すためのさまざまなセレモニーで構成されます。

これには旧郎・旧婦入場、開式の挨拶、裂人(さこうど)スピーチ、友人代表のスピーチ、離婚届への署名捺印、最後の共同作業(例えば、結婚指輪を叩き割る)、スライドショー(オプション)、ブーケトス(オプション)、お色崩し(パイ投げ)などが含まれます。

これらの活動は、離婚をポジティブな未来への一歩と捉えて回りの方々と共に新しい道を歩むために行われるものです​。

 

まとめ

今回は『離婚式の費用はいくら?相場や会場場所について』ご紹介しました。

離婚式の費用はいくら?について、相場は55,000円から200,000円でした。

会場場所については離婚式場やお寺、レストラン、屋形船、離婚屋敷といった様々な会場がありました。

離婚式は参列者もいらっしゃる場合もありますが、その場合は「ご終儀」をお渡しするようです。

2009年からメディアで取り上げられていますが、まだまだ普及はしていませんね。

 

 

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。