knowledge PR

楽天モバイルの通信障害時の対処法と対策を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『楽天モバイルの通信障害リアルタイム|対処法と対策を紹介』について紹介します。

先日楽天モバイルの通信障害が起こり、スマートフォンのデータ通信や、Wi-Fiルーター共にLINEや特定のアプリが開けないという状況が1日続きました。

このような通信障害が今後も絶対にないとはいえないので、今後覚えておくと便利な対処法や事前の対策をご紹介します。

この記事でわかること

●楽天モバイル通信障害の原因と対処法

●通信障害における事前対策

●楽天モバイル問い合わせ方法

 

楽天モバイルの通信障害対処法

今回の通維新障害はDNSの問題とのことで、プライベートDNSを『自動』から『dns.google』に変更すると解消されます! 

Androidの方

設定を開いて検索画面で「DNS」と検索すると対象の変更画面が表示されます。

もしなければ下記アプリをインストールしてください。

 

iPhoneの方

設定からは変更できないため、DNS変更アプリをインストールします。

1.1.1.1: Faster Internet
1.1.1.1: Faster Internet
開発元:Cloudflare
無料
posted withアプリーチ

インストール完了したらアプリを開いて、『Google Public DNS』を選択すればOKです。

 

楽天モバイルの通信障害対策

 

楽天モバイルに限らず、通信サービスを利用している限り今回のような通信障害は他の通信会社でも起こり得る可能性があります。

その際事前にできる対策としては、デュアルSIMにすることです。

デュアルSIM(Dual SIM)とは、1台のスマートフォンや携帯電話で2枚のSIMカードを同時に使用できる機能のことを指します。

この機能により、ユーザーは1台の端末で2つの異なる電話番号やモバイルネットワークを利用できるようになります。

 

楽天モバイル問い合わせ先

チャット(受付時間:午前9時~午後11時)

サポートページからお問い合わせください。

 

電話(受付時間:午前9時~午後5時)

・「Rakuten最強プラン」をご利用の方
携帯電話から:050-5434-4653

・「Rakuten Turbo」をご利用の方
携帯電話、一般電話から:0800-805-0040

 

前回の楽天モバイルの通信障害

公式発表ではありませんが、前回の通信障害の原因はDNSによる問題のようでした。

DNSとは

DNSはインターネット上でドメイン名(例:www.example.com)をコンピュータが理解できるIPアドレス(例:192.0.2.1)に変換するシステムです。

これにより、人間が覚えやすい名前でウェブサイトにアクセスできます。

DNSは簡単にいうとインターネットの「電話帳」で、ウェブサイトのアドレスを見つけ出すために不可欠な役割を果たしています。

このDNSが不具合を起こしていたようです。

 

まとめ

今回は『楽天モバイルの通信障害リアルタイム|対処法と対策を紹介』について紹介しました。

この記事の要点まとめ

●楽天モバイル通信障害時の対処法

●通信障害における事前対策

●楽天モバイル問い合わせ方法先

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。