knowledge PR

喉の神様の神社は関西のどこ?おすすめや口コミも紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『喉の神様の神社は関西のどこ?おすすめや口コミ』についてご紹介します。

「喉の神様」を祀る神社は、声業に従事する人々や喉の健康に悩む人々にとって特別な存在です。

本記事では、関西地方にある喉の神様を祀る神社を紹介し、特色やご利益、訪れた方々の口コミをご紹介します。

それでは、喉の神様の神社は関西のどこにあるのでしょうか。おすすめや口コミについても見ていきましょう。

 

喉の神様の神社は関西のどこ?おすすめや口コミも紹介

京都伏見稲荷にある『おせき大神』がおすすめ!

おせき大神は京都の伏見稲荷にある薬力亭周辺に祀られている、のど、咳、喘息などを守護する神様とされています。

この地域は「稲荷山の健康ゾーン」として知られており、健康や医療技術、喉の保護、芸能に関連する神様が祀られています。

歴史的には歌舞伎役者がお参りに訪れることが多かったとされています。

現在でも声や喉を使う職業の人々がお参りに訪れており、喉の病気の平癒を願う人々から全国から「おせき大神」宛てにはがきが送られてくることもあるそうです。

おせき社の参拝時にはのど飴をお供えしてお下がりとして持ち帰ることができ、お供えしたのど飴は効能が増すとも言われています。

住所:〒612-0804 京都府京都市伏見区稲荷山官有地

アクセス:おせき大神は都市伏見区にある伏見稲荷大社の境内、薬力亭周辺に位置しています。

伏見稲荷大社へのアクセス方法は以下の通りです。

電車でのアクセス

JR奈良線

京都駅からJR奈良線で「稲荷駅」まで約5分。

稲荷駅から徒歩約3分で伏見稲荷大社に到着します。

京阪電鉄

京阪本線を利用し、「伏見稲荷駅」で下車。

駅から徒歩約5分で伏見稲荷大社に到着します。

伏見稲荷大社は非常に人気のある観光地であり、特に週末や祝日は混雑が予想されるため早めの訪問や平日の訪問がオススメです。

山道を歩くことになるため、歩きやすい靴で訪れましょう。

 

京都伏見稲荷にある『おせき大神』の口コミ

薬力亭について

薬力亭は、日本の京都市伏見区にある伏見稲荷大社の境内に位置する施設です。

この地域は「稲荷山の健康ゾーン」として知られており、健康や医療技術、喉の保護、芸能に関連する神様を祀る社や塚が集まっています。

薬力亭の特徴

・健康と医療の神様を祀る

薬力亭周辺には、健康長寿や医学技術向上を守護する神様が祀られています。

喉の病気や喘息などを守護するおせき大神も含まれます。

・歴史的な背景

かつては歌舞伎役者など、声を職業にする人々が、喉の保護や声が通るようにと祈願して訪れていました。現在でも、声や喉を使う職業の人々にとって重要な参拝地です。

・参拝者の習慣

おせき社を参拝する際には、のど飴をお供えする習慣があり、お下がりとして持ち帰ることができます。これには、効能が増すという信仰があります。

・郵便受けへのはがき

喉の病気の平癒を願う人々から全国から「おせき大神」宛てにはがきが送られてくることもあり、その信仰の広がりを示しています。

 

伏見稲荷大社について

伏見稲荷大社は日本の京都市伏見区にある神社で、日本全国にある稲荷神社の総本宮です。

稲荷神社は、商売繁盛、五穀豊穣、家内安全などを祈願する神社として知られています。

特に、稲荷神社の主祭神である稲荷大神(うかのみたまのおおかみ)は、農業や商業の守護神として広く信仰されています。

伏見稲荷大社の特徴

千本鳥居

伏見稲荷大社の最も有名な特徴の一つは、連なる赤い鳥居「千本鳥居」です。これらの鳥居は参拝者や企業によって寄付され、神社の山道を通じて山頂まで続いています。

狐の像

稲荷神社では、狐(きつね)が稲荷大神の使いとされており、神社の境内には多くの狐の像があります。これらの像はしばしば赤い頸輪と玉を持って表現されています。

参拝者の多さ

伏見稲荷大社は日本国内外から多くの参拝者が訪れる人気の観光地であり、特に元日の初詣では非常に多くの人々が訪れます。

自然との調和

神社は自然豊かな環境にあり、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。特に春の桜や秋の紅葉の季節は、その美しさが際立ちます。

祭事と行事

伏見稲荷大社では年間を通じて様々な祭事や行事が行われており、日本の伝統文化や宗教行事を体験することができます。

喉の神様に近い喘息のご利益がある神社

護王神社(ごおうじんじゃ)

表門に御神木のカリンの木があります。

この木は『喘息ふうじのカリンの木』と呼ばれており、この実を使って造ったかりん酒やかりん飴は喘息によく効くといわれています。

境内では秋にかりん酒やかりん飴が販売されているようです。

住所:〒602-8011 京都府京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴圓町385

赤山禅院(せきざんぜんいん)

赤山禅院では、毎年中秋の名月の日に『ぜんそく封じ へちま加持』といった法要が開催されます。

ぜんそく封じ へちま加持は、日本の一部の寺院や神社で行われる伝統的な儀式の一つです。

長い歴史の中でも、数人しか達成していない千日回峰行という厳しい修行を終えた大阿闍梨(高位の僧侶の称)による法要です。

この儀式は、特にぜんそくや気管支炎などの呼吸器系の病気を和らげることを目的としています。

加持を受けた人は授けていただいたへちまの御牘を家に持ち帰って埋めて、21日間御真言を唱えることで満月から月が欠けるように病が減っていくのだそうです。

住所:〒606-8044 京都府京都市左京区修学院馬場脇町

 

まとめ

今回は『喉の神様の神社は関西のどこ?おすすめや口コミ』について紹介しました。

喉の神様の神社でオススメは、関西の京都府伏見稲荷に祀られている伏見稲荷大社の薬力亭にある『おせき大社』でした。

参拝者からの口コミによると、この神社は喉の健康を願う人々にとって効果があると感じられており、観光客にとっても訪れる価値のあるスポットとのことです。

のど飴をお供えして、いただくと効果が上がるという点も惹かれますね!

声を大切する方、喉に関するお参りをされたい方は一度は訪れてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。