life style PR

2024七草粥朝昼晩いつ食べるべき?アレンジレシピもご紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

新年が始まり、お正月の賑やかさが落ち着いてきましたね。

そこで今回は、日本の伝統的な行事食である七草粥を取り上げたいと思います。
七草粥は新年の疲れた胃を癒し、無病息災を願うために食べられるシンプルながらも深い意味を持った料理です。

ではこの七草粥は一日のうちいつ食べるべきなのでしょうか?
また、七草粥をより美味しく楽しむためのレシピもご紹介します。

朝昼晩いつ食べる?七草粥の伝統的なタイミング

伝統的なタイミングでいうと、七草粥は1月7日の「人日(じんじつ)の節句」の朝食として食べるのが一般的です。
しかし、現代では多忙な生活スタイルに合わせて昼食や夕食として食べることもあります。

また、地域によっては小正月である1月15日や月遅れの2月7日に食べる習慣がある場所もあります。

七草粥の由来と意味

七草粥の由来

七草粥は日本の伝統的な行事食で、毎年1月7日の「人日(じんじつ)の節句」に食べられます。
この習慣は平安時代に日本に伝わったとされ、その起源はさらに古く、唐の時代に遡ります。
当時、人日の日には「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」と呼ばれる七種類の野菜が入った汁を食べて、無病息災を願ったと言われています。

七草粥に込められた意味

七草粥に含まれる七種の草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払い、新年の健康と長寿を願う意味が込められています。
これらの草は、春の訪れを告げる象徴でもあります。七草粥を食べることにより、新年の始まりに胃腸を休め、身体を整えるという健康的な側面もあります。

七草粥の伝統は日本の四季の変化と密接に関連しており、自然との調和や季節の移り変わりを感じる機会です。
この行事食は日本の文化や伝統を象徴するものとして、今も多くの家庭で大切にされています。

七草粥の七草とは

七草粥に使用される「七草」は、春の訪れを告げる七種類の野草を指します。

  1. セリ(芹) – 水辺に生える野草で、新年の清浄を象徴します。
  2. ナズナ(薺) – 春先に咲く小さな白い花を持つ草で、邪気を払う力があるとされています。
  3. ゴギョウ(御形) – 別称は母子草で、風邪予防や解熱に効果があるとされています。
  4. ハコベラ(繁縷) – 目に良いビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなったと言われています。
  5. ホトケノザ(仏の座) – 名前の由来は、葉の形が仏の座に似ていることから。
  6. スズナ(菘) – カブのことで、根菜類に分類されます。
  7. スズシロ(蘿蔔) – ダイコンのことで、根菜類に分類されます。

無病息災や健康長寿を祈願する意味が込められ、七草粥を食べることで新年の健康を願います。

七草粥の作り方

七草月のレシピ

  1. 材料:
    • 白米:1/2カップ
    • 水:約4カップ
    • 春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ):適量
    • 塩:少々

\七草フリーズドライの購入はこちら/

楽天市場Amazon

  1. 作り方:
    • 白米を洗って30分程度水に浸し、ザルに上げて水気を切ります。
    • 鍋に水を入れ、浸した白米を加えて強火にかけます。
    • 沸騰したら弱火にし、蓋をして30分程度煮込みます。
    • 七草を細かく刻みます。
    • お粥が柔らかくなったら、刻んだ七草を加えます。
    • 塩で味を調え、さらに数分煮込んで完成です。

春の七草はフリーズドライ・もしくはスーパーなどでセットで購入可能です。

現代風アレンジ!七草粥の新しい楽しみ方

具材の追加

鶏肉や豚肉の小さな塊を加えてたんぱく質をプラスします。
また、野菜を追加して栄養価を高めます。例えば、人参やしいたけなどがおすすめです。

中華風の味付け

和風だしの代わりにチキンブイヨンを使って洋風に。
中華風にするために、しょうがやニンニク、ごま油で風味を加えます。

トッピングの工夫

七草粥の上に温泉卵や刻んだネギをのせると、風味と食感を楽しめます。
焼き海苔や鮭フレークをトッピングして、味のアクセントを加えるのもオススメです。

お米の硬さを変える

粥を少し固めに作っておにぎりやおこわ風にアレンジしたり、
チーズやバターを加えるとリゾット風に仕上がります。

これらのアレンジは七草粥の伝統的な味わいを残しつつ、現代の食材や調味料を取り入れることで新しい食体験が楽しめます。

七草粥に合うおかずと食事メニュー

七草粥に合うおかずや食事メニューは、一般的には優しい味わいのものが選ばれます。
七草粥は自体が淡泊な味付けなので、それを補完するようなあっさりとしたおかずがオススメです。

鶏肉の蒸し物や煮物

鶏肉はあっさりとしていて、七草粥とよく合います。
蒸し鶏や鶏の照り焼きなどがおすすめです。

野菜の煮物や蒸し物

根菜類や季節の野菜を使った煮物や蒸し物は、七草粥との相性が良いです。

豆腐や湯葉の料理

豆腐や湯葉は、そのままか軽く調理して、シンプルな味付けで楽しむと良いでしょう。

白身魚の蒸し物や焼き物

白身魚はあっさりとしていて、七草粥の食事にぴったりです。

和風のサラダ

例えば、大根やキュウリの和風サラダなど、さっぱりとしたサラダが合います。

これらのおかずは、七草粥の淡白な味わいを引き立てつつ、栄養バランスを考慮した食事にするのに適しています。

まとめ

伝統的には七草粥は朝食として食べるのが一般的ですが、忙しい現代人にとっては夕食時に作ることも多いようです。

今回は、朝昼晩いつでも楽しめる七草粥のレシピを紹介しました。
新年の健康と幸福を願う心を大切にしながら、日本の素晴らしい食文化を味わっていただきたいと思います。

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。