life style PR

光る君へ考察!まひろと道長の恋はどうなる?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『光る君へ考察!まひろと道長の恋はどうなる?』について紹介します。

『光る君へ』では多くの障害にも関わらず、まひろ(吉高由里子)と道長(柄本佑)が深く惹かれ合う恋愛が描かれています。

第10話で道長はまひろへの深い愛を和歌で表現し、都を離れることを提案しますが、まひろは彼に大きな使命があるとして断ります。

それでも二人は互いの思いを抑えられず、美しく幻想的なラブシーンが展開されました。

NHKでこのようなシーンがあるのかと、SNS上では驚きの声が上がりましたね!

今後まひろと道長の恋はどうなるのでしょうか?

考察していきましょう。

 

光る君へ考察!まひろと道長の恋はどうなる?

『光る君へ』のドラマ内でのまひろ(紫式部)と藤原道長の恋の行方について、物語の背景や平安時代の文化、そして登場人物の性格に基づいて考察してみました。

1. 絆が深まるが障害も多い恋

まひろと道長は互いに深い理解と尊敬を持って接していますが、平安時代の社会構造や政治的な背景が二人の間に立ちはだかる可能性があります。

貴族社会の中での権力闘争、身分の違い、家族や周囲の期待などが障害となり、二人の関係が試練にさらされる可能性が高いです。

 

2. 秘密の関係の継続

まひろと道長が社会的な制約を乗り越えられない場合、二人は秘密裏に関係を続ける道を選ぶかもしれません。

そうした中で彼らの愛はより深まり、物語にとって重要な転機をもたらす可能性があります。

 

3. 別々の道を歩む

社会的な圧力や個人の使命感が原因で、まひろと道長が別々の道を歩むことを選ぶ可能性も考えられます。

それぞれが自分の立場や責任を受け入れ、それでもなお互いを尊重し合う形で物語が進むことで、切ないが美しい愛の物語が描かれるかもしれません。

4. 文化や文学を通じた結びつき

まひろが『源氏物語』を書く過程で、道長との関係が物語や文学を通じて新たな形で結びつくかもしれません。

二人の関係が直接的には叶わなくとも、文学作品を通じて永遠に残る何かを築き上げることができるかもしれません。

 

「光る君へ」の第10話「月夜の陰謀」のあらすじ

第10話「月夜の陰謀」では、散楽一座の者たちが道長の屋敷に盗みに入りますが、道長は彼らを殺さずに検非違使に引き渡します。

まひろは散楽一座の隠れ家を訪れますが、盗賊と間違えられて連行され、道長によって救出されます。

一方、道兼は兼家から嫌われているふりをして花山天皇の信頼を得、兼家は天皇を退位させ孫の懐仁親王を擁立する計画を進めます。

その間、まひろは帰宅しない父・為時を案じ、妾の家を訪ねます。

一方道長はまひろに対して強い思いを募らせ、古今和歌集の和歌「そなたを恋しいと思う気持ちを隠そうとしたが、俺にはできない」という歌を送りました。

道長は家も何もかもを捨てる覚悟で「一緒に都を出よう。海の見える遠くの国へ行こう」「俺はまひろと出会うために生まれてきたんだ」「まひろと生きていくこと、それ以外に望みはない」とまひろへの揺るぎない思いを告げ、駆け落ちを迫りました。

しかしまひろは、「あなたが偉くならなければ直秀のような無残な死に方をする人はなくならないわ」と言い、道長の使命は別の場所にあると諭しました。

それでも募る思いを抑えられない二人は月光に包まれながらついに肌を重ねる……という展開で、美しく幻想的なラブシーンが描かれました。

 

まとめ

今回は『光る君へ考察!まひろと道長の恋はどうなる?』について紹介しました。

まひろと道長の恋はどうなる?についての光る君への考察は、物語の進行状況や脚本家の創造性によって大きく変わる可能性があります。

『光る君へ』がどのようにこれらのテーマを探求し、まひろと道長の関係をどのように描くのか、続きが非常に楽しみですね!

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。