life style PR

初恋ハラスメントの菅沼は誰?ネタバレと考察を紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『初恋ハラスメントの菅沼は誰?ネタバレと考察』についてご紹介します。

SNS上では、番組開始前から初恋ハラスメントはホラーのドラマ!?怖いドラマなの!?という内容で盛り上がっていましたよね。

番組放映前に盛り上がっていた理由はこちら

そんな初恋ハラスメントですが、放送された番組を見るとどうしてそのような話題になっていたかが判明しました!

そこで今回は、ドラマのあらすじや内容をネタバレや考察を含めてご紹介していきます。

この記事でわかること

●初恋ハラスメントの菅沼は誰なのか

●初恋ハラスメントの本当のあらすじ

●初恋ハラスメントのネタバレと考察

初恋ハラスメントをチェックするHulu

ここからはネタバレを含みますのでご注意ください。

初恋ハラスメントの菅沼は誰?

初恋ハラスメントの菅沼役は星耕介さんが演じています。

番組放映前はモノクロの女性として話題になっていましたよね。

確かに↑の画像を見ると、女性のように見えます。

星耕介さんは1979年4月7日生まれの日本の男性俳優です。

彼は多岐にわたるテレビドラマ、映画、舞台に出演しています。

例えば2023年の「ハヤブサ消防団」第5話や2021年の「特捜9 第5話」にゲスト出演し、さらには2019年の「俺の話は長い」第1話、第4話にも出演しています。

また、映画においても、「マイマザーズアイズ」(2023年)、「それがいる森」(2022年)、「おっさんずぶるーす」(2021年)などの作品に出演し、幅広いジャンルでの活躍を見せています​ 

彼の演技は幅広い役柄とジャンルにわたっており、俳優としての多才さを示しています。

初恋ハラスメントでは本当の主人公のような立場でしたし、これだけ話題になるとこれから出演が増えるかもしれませんね!

 

初恋ハラスメントのネタバレと考察

まず、『この番組はフィクションです。心臓の悪い方はお気をつけください』といった注釈文から始まります。

『このドラマはフィクションです』の注釈文を入れるドラマは多いですが、この記載の仕方も意図が込められていますね。

注釈文の画面から切り替わると、初恋ハラスメント ~私の恋がこんなに地獄なワケがない~放送直前!みどころ徹底解剖SPといった番組を放映する裏側が映し出されます。

そこで『菅沼 茂』という男性(助監督)が熊谷監督から「センスがねーなー。お前は。」と強く当たられるシーンに。

ナレーターは愛のムチが炸裂していると紹介します。。。

場面は代わり、番組スタッフから菅沼がインタビューを受けます。

そこでひとりの仕事仲間の女性が現れ、菅沼を馬鹿にしたような発言を繰り返し、「菅沼さんはマスコットキャラクターのような存在!」と発言します。

次に別の男性へのインタビュー場面になりますが、その後ろで「ほんっと使えねー。」

「このやろー。」といった罵声が聞こえてきます。

インタビューを受けていた春田先輩にも聞こえていますが、聞こえないふりをしながらインタビューが終わりました。

そして完成した初恋ハラスメントを視聴しよう!となったところで不思議な映像が映り込みます。

初恋ハラスメントが始まると画面にひずみができたり、助監督の菅原さんの幽霊らしき人物が不気味な声と共に映り込むようになります。

ここで菅沼さんは亡くなっており、幽霊となっていることがわかります。

そこからもまだまだ不気味な演出が続きます。

そして菅沼さんが監督やその他の仕事仲間だった方向けて、『許さない、呪ってやる』と繰り返すシーンのあとに、春田先輩が菅沼さんと被って見えるようになります。

そしてドラマの裏側でいろんな制作スタッフから蹴られる菅沼さんのシーンの回想が入りました。

最後の終わり方は、春田先輩と被った菅原さんが緑川さんに向けて『許さない。お前も同罪だ!!!』というセリフで終わります。

菅沼さんがされていたパワハラを知っていながら、見てみぬふりをしていたことに対するメッセージでしょう。

これから新社会人が増える時期である3/31に放送が始まったこともあり、彼らへのメッセージではないかという声もありました。

 

初恋ハラスメントのあらすじについて

初恋ハラスメントには、本当のあらすじが存在しました。

まず、放映前に公開されていたあらすじからご紹介します。

どのような違いがあるのかチェックしてみてくださいね!

 

初恋ハラスメントのあらすじ?

ドラマ『初恋ハラスメント ~私の恋がこんなに地獄なワケがない~』は、中京テレビが放送した恋愛ドラマで令和・恋ドラシナリオコンクールの大賞受賞作です。

このドラマの物語は、夏希(吉田伶香演)が高校時代に憧れていた先輩、春太(小宮璃央演)に想いを告げられないまま卒業し、数年後に運命的に再会します。

夏希が期待していた初恋の再燃とは裏腹に、春太は「地獄のパワハラ上司」と化していました。

このドラマは、甘酸っぱい恋愛物語と社会派のテーマを組み合わせた、新しい形の恋愛ドラマとして紹介されています​ 

春太は学生時代に「仏のハルタ」と呼ばれて後輩から慕われていた人物ですが、社会人になった彼は全く異なる人間になっていました。

夏希は彼を追って転職し、再びその変わり果てた姿と向き合うことになります​が・・・。

といったあらすじが公式文となっていましたが、実はこのドラマのあらすじは別のものになるのです。

 

初恋ハラスメントの本当のあらすじ

このドラマ内で『初恋ハラスメント ~私の恋がこんなに地獄なワケがない~』という番組が放映されます。

初恋ハラスメントとは番組内で放映されるドラマで、本当のあらすじは初恋ハラスメントを放映する裏側で起こった出来事がドラマになっているということです。

その内容は、パワハラされて亡くなった助監督『菅沼 茂』がドラマ内の『初恋ハラスメント』で自分の恨み辛みの想いを訴えるといった内容です。

菅沼さんは最初普通に助監督として働くスタッフとして登場しますが、ドラマの途中からは幽霊となって登場します。

パワハラが原因で亡くなったという説明はありませんでしたが、おそらくそういうことでしょうね。

様々なホラー要素や気味が悪いシーンがが登場し、ホラーの演出を通じてパワハラを受けて亡くなったのだという想いを訴えかけていきます。

これで番宣から不気味な演出を起こしていた意味が繋がりましたね!

詳しいドラマの内容は下記で説明します。

不気味な番宣内容の詳細がきになる方はこちらをチェックしてみてくださいね♪

初恋ハラスメントは怖い?原作やホラーといわれる理由を調査!今回は『初恋ハラスメントはホラー?怖いといわれるのはなぜなのか調査!』についてご紹介します。 初恋ハラスメントのドラマが中京テレビ...

 

まとめ

今回は『初恋ハラスメントの菅沼は誰?ネタバレと考察』についてご紹介しました。

この記事での要点

●初恋ハラスメントはドラマ内のドラマ

●初恋ハラスメントの本当の主演は菅沼役の星耕介

●初恋ハラスメントはホラー要素が入ったドラマ

●本当のハラスメントについて考えさせられるドラマ

SNS上で番組開始前から初恋ハラスメントはホラーのドラマ!?怖いドラマなの!?という話題になっていましたが、その演出は全て今回の1話でそのシーンが登場してフラグ回収となりました。

少しびっくりするシーンもありましたが、演出自体はそこまで怖くありません。

演出も不気味なシーンはたくさんありましたが、それよりも怖かったのは菅沼さんが生きているときの扱われ方ですね。

本当に怖いのは生きてる人間だというメッセージでしょうか・・。

初恋ハラスメントをチェックするHulu

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。