knowledge PR

箱根駅伝フリーザーって?箱根駅伝の風物詩!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年の箱根駅伝は、第100回の記念大会として開催!
2023年10月14日(土)に予選会が行われ、全23校が出揃いました。

日程:2024年1月2日(火):往路
2024年1月3日(水):復路

箱根駅伝は日本の大学駅伝の中でも特に注目されるイベントで、多くの大学生ランナーが参加し、東京から箱根までの往復コースを走ります。

そんな箱根駅伝に風物詩があるのはご存知でしょうか?
それが『フリーザ軍団』です!

箱根駅伝フリーザ?フリーザー?

箱根駅伝のフリーザというのは、ドラゴンボールのフリーザのコスプレをした集団が箱根駅伝の選手を応援している軍団のコトです。

なのでフリーザーではなくフリーザとなります!

箱根駅伝フリーザ軍団の起源は?

箱根駅伝フリーザ軍団の起源は、2008年に遡ります。

この軍団は、人気アニメ『ドラゴンボール』の敵キャラクターであるフリーザのコスプレをして箱根駅伝を応援する集団です。
彼らは箱根駅伝の沿道で応援することにより、独特の存在感を放って徐々に知名度を高めていきました。

フリーザ軍団のメンバーは地元の幼馴染で構成されており、彼らの仕事はサラリーマンといわれています。
フリーザのコスプレを始めた理由は、箱根駅伝の応援をより楽しく、目立つものにするためでした。
その結果、彼らは箱根駅伝の風物詩として定着して多くの観客やメディアから注目を集めるようになりました。

フリーザ軍団は箱根駅伝の沿道応援ルールを守りながら、選手や他の観客に迷惑をかけないように応援しています。
彼らのユニークな応援スタイルは、箱根駅伝の楽しさを一層引き立てるものとなっており、毎年多くの人々が彼らの出現を楽しみにしています。

フリーザ軍団のメンバー

フリーザ軍団は、『ドラゴンボール』シリーズに登場する組織で、様々な強力なキャラクターが所属しています。以下は、箱根駅伝フリーザ軍団のメンバーです。

  1. 初期フリーザ軍団5人: これは軍団の最初のメンバーで、フリーザ軍団の基礎を築きました。
  2. シャケーザ一味3人: このグループにはシャケーザ、ザーボン、フリーザが含まれています。
  3. 摩人ブウ: 軍団の一員として参加しているキャラクターです。

フリーザ軍団はいつ現れる?

フリーザ軍団は往路には現れず、復路7区に出現するとのこと。
なので今年は2024年1月3日(水)ということですね。

フリーザ軍団はどこで応援してる?

毎年小田原~平塚の7区で応援しているようです。

住所
神奈川県二宮町の押切坂付近

アクセス

電車の最寄り駅は二宮駅
二宮駅から神奈川中央交通のバスに乗り、押切坂上まで行くことができます。

フリーザ軍団を楽しみにする声

フリーザ軍団の今後の活動

フリーザ軍団は毎年箱根駅伝の際に神奈川県二宮町の押切坂で応援活動を行っています。

これからも箱根駅伝が続く限り現れる!と宣言されているようです。

第100回箱根駅伝の1日目

  • 城西大学の活躍: 城西大学は過去最高の往路3位を記録し、山本唯翔選手が5区で2年連続の区間新記録を樹立しました。
  • 混戦の展開: 1区では駿河台大学のレマイヤン選手が飛び出し、10位から19位までのチームが1分34秒差という大混戦となりました。
  • 大東文化大学の健闘: 大東文化大学は8位で折り返し、「山の大東」として知られる同大学の5区の菊地選手が区間4位の力走を見せました。

このように第100回の箱根駅伝は、各大学の戦略や選手の個々の力が際立った大会となり、多くのドラマが生まれました。
参加した全ての選手にとって、忘れられないレースとなっていることでしょう。

まとめ

箱根駅伝フリーザ軍団は箱根駅伝の沿道で独特の応援を行うグループで、ドラゴンボールのキャラクター「フリーザ」に扮したメンバーで構成されています。

彼らは2008年から活動を始め、神奈川県二宮町の押切坂で応援しています。フリーザ軍団は箱根駅伝のランナーだけでなく、観客やメディアからも大きな注目を集めています。

彼らの活動は箱根駅伝の風物詩として定着しました。新型コロナウイルスの影響で一時期活動を自粛していましたが、昨年より再び沿道での応援を再開しています。
フリーザ軍団のユニークな応援スタイルは、箱根駅伝の楽しさを一層引き立て、大会の魅力を高めています。

今後も彼らの活動は続くと予想され、箱根駅伝の伝統としてさらに根付いていくことでしょう。フリーザ軍団の応援は箱根駅伝を応援する多くの人々にとって楽しいイベントのひとつになっています。

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。