knowledge PR

芸能人年の差婚多いのはなぜ?気持ち悪いと思われてしまう理由は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

●芸能人に年の差婚が多いのはなぜ?
●芸能人の年の差婚を気持ち悪いと思われてしまう理由は?

今回は、こんな疑問に答えていきます。

今世間では、「KinKi Kids」堂本剛(44)と「ももいろクローバーZ」百田夏菜子(29)の結婚が話題になっています。

なんとふたりの年の差は15歳!

芸能界における結婚というだけでもニュースになり注目が集まりますが、特に芸能人の年の差婚は一般社会ではあまり行われないこともあり、SNS上で賛否両論が巻き起こっています。

今回は、なぜ芸能人の間で年の差婚が多く見られるのか、そしてそれが一部の人々に「気持ち悪い」といった否定的に思われる理由はなぜなのでしょうか?

社会的な観点、心理学的な分析、そして芸能界の独特なライフスタイルを踏まえて解き明かしていきましょう。

 

芸能人の年の差婚多いのはなぜ?

出会いの機会

芸能界では年齢層が幅広い中での交流が多く、異なる年代の人々が出会う機会が一般の職業よりも多いです。そして一般社会と違うのは、男性が30代後半、40代以上となっても独身の状態だということです。

バラエティ番組やトークショー、音楽番組、ラジオ番組などのメディア出演、さらに公式のイベントやパーティー、例えば映画のプレミアや授賞式、業界のパーティーも芸能人同士が出会う機会となります。
そして映画やテレビドラマ、舞台での共演は、長時間の撮影やリハーサルで同じ空間にいることになるので自然と仲が縮まるのでしょう。

 

個性と自由な恋愛観

芸能界は個性が重んじられる場であり、その中で活動する芸能人たちは一般的な社会規範から離れた自由な恋愛観になる傾向です。
表現の自由や創造性を大切にする業界で働くことから、伝統的な恋愛の枠を超えた関係を築くことが多くなります。

 

経済的・社会的独立

芸能人の結婚における経済的・社会的独立の関係は、恋愛や結婚選択に大きく関係します。
成功した芸能人は経済的に自立しており、結婚相手を選ぶ際に金銭的な要因から自由になります。経済的自立は外部の圧力に左右されず、個人的な好みや相性を重視する選択が可能です。
メディアに露出していることもありますが、外見のアンチエイジングにお金をかけることができることも大きいです。
年齢が離れていたとしても、見た目が若々しいので年の差を感じにくくなります。

 

芸能人の年の差婚が気持ち悪いと思われてしまう理由は?

年の差婚が気持ち悪いと言われる理由は、芸能人に関わらず年の差があるカップルに対してのマイナスなイメージ持っていることが考えられます。

ではなぜこのようにマイナスなイメージになるのでしょうか?
その原因は、下記の3つの理由が考えられます。

 

①年齢に対するステレオタイプ

ステレオタイプとは、多くの人に浸透している先入観や思い込みのことです。

一般的に年齢が同じくらい、または1〜5歳差のカップルが多く、年の差が大きいカップルが周りに少ないことから、自分の常識の範疇外だと感じてしまいます。

その結果否定的な見方になっている可能性があります。

 

②世代間の違いへの懸念

年齢差が大きいと、価値観や興味・ライフスタイルの違いが大きくなり、世代が異なる関係性として『親子』が連想されるからだと考えられます。
特に若い一方のパートナーに対して金銭面含め保護的な態度を取ることがあり、力の不均衡からその関係が不平等であると感じるのでしょう。

 

③個人的な経験や信念

そのひと個人が過去に経験したことや持っている信念が、年の差婚に対する見方に影響を与えます。
例えば身近な方が年の差婚をしたことによって嫌な思いをしたなど、年の差婚に対して否定的な経験や信念がある場合はそれがマイナスなイメージにつながっています。

 

芸能人年の差婚への世間のイメージ

世間の年の差婚へのイメージは地域や文化、個人の価値観によって大きく異なりますが、一般的には下記のようなイメージにまとめられます。

①マイナスなイメージ

一部の人々は年の差が大きいカップルに対して、関係の真実や動機は関係なくマイナスなイメージを持っています。

②尊重する

多様性と個人の選択を尊重する観点から、年の差婚を受け入れて支持する人々もいます。

③懸念と心配

年の差が原因で将来的な問題(健康、世代間の違いなど)が生じる可能性について心配する声もあります。

④ロマンチックな見方

年の差に関係なく、愛を重視する恋愛にロマンチックな憧れを抱いています。

 

芸能人年の差婚をメディアがどう報じてるか?昔と今の違い

芸能人の年の差婚に対するメディアの報道スタイルが、時代の変化とともに進化しています。昔と今の違いを順番に見ていきましょう。

 

報道のトーンとアプローチ

:以前のメディアは、年の差婚を特異な現象として扱うことが多くスキャンダル的な要素を強調する傾向があり、センセーショナルなトーンで報じられました。
:現代のメディアは年の差婚をよりオープンマインドで報道する傾向です。多様性と個人の選択を尊重する視点が増え、より中立的、または肯定的なトーンで取り上げられることが多いです。

 

情報の拡散速度と範囲

:情報は新聞、雑誌、テレビなどの伝統的なメディアを通じてゆっくりと拡散しました。
:インターネットとソーシャルメディアの台頭により、情報が瞬時に広がります。より多くの人々が速やかに情報を得て、意見を共有することが可能になりました。

 

視聴者の関与と反応

:視聴者の意見や反応は、手紙や雑誌の読者コーナーなど限られた方法でのみ表現されました。
:ソーシャルメディアやオンラインフォーラムを通じて、視聴者は直接的に意見を共有して議論に参加することができます。このためメディアの報道に対する即時のフィードバックが可能になりました。

 

多様性と包容性の増加

:特定の社会的規範や価値観がメディアによって強調されることが多かったです。
:社会の多様性と包容性に対する意識の高まりが、メディアの報道にも反映されています。年の差婚を含む様々なライフスタイルがより正確に、そして敬意を持って表現されるようになりました。

このような変化は、社会の進歩、技術の発展、そして人々の価値観の変化が反映されています。メディアはこれらの要素に応じて、芸能人の年の差婚に対する報道スタイルを進化させてきました。

 

まとめ

今回は、芸能人年の差婚が多いのはなぜ?とそれに対する気持ち悪いと思われる理由を社会的な観点、心理学的な観点からご紹介しました。

芸能人年の差婚が多いのはなぜかというと、芸能人は異なる年代や背景を持つ人々との出会いが豊富で、長期間同じ現場を共にすることが多いです。このため年齢を超えた深い絆が生まれやすくなり、芸能人の年の差婚が多くなります。

そしてこれらの年の差婚が気持ち悪いと思われる理由には、社会的な偏見やステレオタイプ、世代間の誤解が根底にあることがわかりました。

まだ完全には克服されていませんがメディアの報道スタイルの変化からわかるように、社会の多様性への理解が深まってきていることから今後「気持ち悪い」といった偏見や否定的な意見は少なくなっていきそうですね。

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。