beauty PR

創作の神様がいる神社はどこ?全国に少ない理由も考察

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は、創作の神様がいる神社はどこ?全国に少ない理由について紹介します。

ご紹介する神社は創作や芸術に関連する神様を祀っており、特に芸能や芸術の上達を願っている方々に人気があります。

本記事では主に関東地方・関西地方で人気がある神社をまとめました。

創作の神様が祀られている神社は日本全国にありますが、その数は意外と少ないのが現状です。

文芸、芸術、漫画、音楽など、さまざまな創作活動に携わる人々が訪れるこれらの神社は、特定の神様に特化したご利益を求める信仰の場として知られています。

しかし、なぜ創作に特化した神社が全国的に見ても少ないのでしょうか?

この記事では、創作の神様がいる神社がどこなのかをいくつか紹介するとともに、その数が全国的に少ない理由について考察してみたいと思います。

 

創作の神様がいる神社はどこ?【関東】

荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)

荏柄天神社は、神奈川県鎌倉市にある神社で特に漫画家やアーティストに人気のあるスポットです。

この神社は学問の神様として知られる菅原道真を祀っていますが、特に文芸や芸術の上達を願う人々にとって重要な場所とされています。

荏柄天神社の特徴的な点は、漫画家やアーティストによって奉納された「絵筆塚」があることです。

この絵筆塚は使用済みの絵筆やペンなどを納める場所として設けられており、多くの漫画家やアーティストが訪れています。

自分の創作活動の成功を祈願し、使用した道具を奉納することで次の作品へのインスピレーションや成功を願っています。

また、荏柄天神社は、毎年10月に行われる「絵筆塚祭」でも知られています。

この祭りでは新しい創作活動の成功を祈願するとともに、過去の作品に感謝する意味合いが込められています。

鎌倉という歴史的な街に位置する荏柄天神社は、その静かな環境と文化的な背景から創作活動に携わる人々にとって特別な場所となっています。芸

術や創作に関わる人々にとって、訪れる価値のある神社です。

住所:〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂74

武蔵野坐令和神社(むさしのにいますれいわじんじゃ)

武蔵野坐令和神社は、埼玉県所沢市にある比較的新しい神社です。

この神社は、2020年11月にKADOKAWAが運営する複合文化施設「ところざわサクラタウン」内に創建されました。

武蔵野坐令和神社は、日本のポップカルチャーと伝統文化が融合したユニークな神社として知られています。

神社の特徴として、文芸、芸術、芸能などの創作活動に関連する神様を祀っている点が挙げられます。

祭神としては、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と素戔嗚命(すさのおのみこと)が祀られており、これらの神様は文芸や芸術の発展に寄与するとされています。

また、武蔵野坐令和神社はアーティストやクリエイター、コンテンツ制作者を応援する神社としても知られており、創作活動に従事する人々にとってのパワースポットとなっています。

授与される御守りには、「締切守」や「芸道上達守」など、創作活動に特化したものもあります。

この神社は現代のクリエイティブな文化と伝統的な神社文化が融合した新しい形の神社として注目されており、創作活動に関わる人々だけでなく、多くの参拝者にとって興味深い場所です。

また、ところざわサクラタウン内にあるため、アニメやマンガ、ライトノベルなどのポップカルチャーに興味がある人々にもおすすめのスポットとなっています。

住所:〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン内

所沢市にある「ところざわサクラタウン」という複合文化施設内に位置しています。訪れる際は、この施設を目指して行くことをオススメします。

 

創作の神様がいる神社はどこ?【関西】

芸能神社

芸能神社は、京都市右京区にある車折神社(くるまざきじんじゃ)の境内社にあります。

ここは特に芸能人や芸術家に人気があり、芸能・芸術の上達や成功を願う人々にとってのパワースポットとされています。

祭神は天宇受売命(あめのうずめのみこと)、芸能や舞の神として知られ、芸能・芸術の上達や成功、人気向上などのご利益があるとされています。

多くの芸能人が訪れ、奉納物や絵馬が見られることでも知られています。

住所:〒616-8343 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23

 

賣太神社(めたじんじゃ)

賣太神社は歴史的背景から、学問を追求する学生や研究者、また物語や文芸に携わる作家やクリエイターにとって特別な場所です。

特に、学問や物語に関わる神様として知られる稗田阿礼(ひえだのあれ)を祀っていることで有名です。

稗田阿礼は、日本最古の歴史書「古事記」の編纂に関わったとされ、「知恵の神様」や「物語の神様」として敬われています。

毎年8月16日に行われる阿礼祭は稗田阿礼を祀る重要な行事であり、多くの参拝者で賑わいます。

神社の境内は静かで落ち着いた雰囲気を持ち、参拝者に心の安らぎを提供します。

また、奈良県内にあるため古都奈良の歴史的な観光と合わせて訪れることができるのも魅力の一つです。

賣太神社は、学問や芸術に関わるすべての人々にとって、インスピレーションと祈りの場所として存在しています。

住所:〒639-1123 奈良県大和郡山市小泉町300

創作の神様が全国に少ない理由は?

神社の歴史と信仰

創作の神様が全国に少ない理由は、日本の神社の歴史と信仰の内容に関係しています。

日本の神社はもともと、自然や日常生活に密接に関わる神様を祀る場所として始まりました。

例えば豊作を願う神様や海の安全を守る神様など、人々の生活に直接影響を与える神様が中心でした。

これに対して、創作や芸術は生活の基本的なニーズとは異なり、精神的な充足や個人的な表現を重視する分野です。

そのため創作に特化した神様を祀る神社は、比較的新しい概念であり数が限られています。

 

ポップカルチャーや現代芸術の発展

日本の神話や伝承において創作や芸術を司る神様はいても、これらの神様が一般的な信仰の対象となることは少なかったためによく知られているわけではありませんでした。

近年ではアニメや漫画なぢびポップカルチャーや現代芸術の発展に伴い、創作活動に関連する神様を祀る神社が注目され始めていますが、それでも全国的に見るとその数はまだ少ないのが現状です。

 

まとめ

今回は、創作の神様がいる神社はどこ?全国に少ない理由について紹介しました。

日本の神社は古くから自然や日常生活に密接な神々を中心に祀ってきたため、創作や芸術に特化した神様は比較的新しい概念であり、数が限られています。

しかし、アニメや漫画の影響で、創作に関連する神様を祀る神社への関心が高まっていることがわかりました。

創作の神様がいる神社はどこにあるのか関東と関西に分けていくつか紹介し、そのような神社が全国に少ない理由について考察しました。

ぜひ創作の神様を訪れてみてくださいね♪

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。