knowledge PR

アメリカのTikTok禁止法案とは?なぜなのかや日本はいつからか調査!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『アメリカのTikTok禁止法案とは?可決はなぜなのかや日本はいつからか調査!』についてご紹介します。

アメリカのTikTok禁止法案とは?

アメリカの下院は、中国系企業が運営する動画共有アプリ「TikTok」について半年以内にアメリカ事業を売却しなければ、国内でアプリの利用を禁止する法案を可決しました

この法案は中国系企業「バイトダンス」が運営するTikTokについて、安全保障上の懸念があるとして、アメリカでの事業を売却しなければアメリカ国内でのアプリの配信などを禁止するものです。

この法案は下院で賛成352票、反対65票で可決されました。上院でも可決されれば成立します。

日本では主要メディアや地方自治体の多くで「TikTok」の利用が進められている一方で、アメリカでは「敵対国」が影響力を及ぼすアプリを規制対象にしており、欧州でも規制検討が進んでいるためティックトック包囲網が一段と強まっています。

この法案により、TikTok親会社がアメリカ事業を売却しなければアメリカ国内での利用が制限されることになります。

 

アメリカのTikTok禁止法案が可決されたのはなぜ?

アメリカのTikTok禁止法案が可決された主な理由は、中国を通じた情報流出への懸念です。

アメリカの政治家たちはTikTokが中国共産党による監視や情報収集のツールとして使われる可能性を警戒しています。

そのため、国家のセキュリティを保護するために連邦政府が所有するデバイスでの使用を禁止する措置が取られました。

 

日本で禁止されるのはいつから?

日本でTikTokが禁止される予定は現時点でありません。

日本国内での使用禁止やアプリ配信停止の予定はなく、以前出回った「TikTokが終了する」という噂も事実無根であるとのことです​​。

まとめ

今回は『アメリカのTikTok禁止法案とは?なぜなのかや日本はいつからか調査!』についてご紹介しました。

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。