life style PR

366日ドラマの原作は?あらすじや脚本家も紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『366日ドラマの原作は?あらすじや脚本家も紹介!』についてご紹介します。

366日のドラマがとうとう4月8日(月)21:00~からフジテレビ系列で放送されます!

初回は15分拡大で、21:00~22:09まで放送されます。

そんな366日のドラマについて、原作はあるのでしょうか?

また、あらすじや脚本家についても詳しく見ていきましょう!

この記事でわかること

●366日ドラマの原作について

●366日ドラマのあらすじ

●366日ドラマの脚本家

ここからはネタバレを含みますのでご注意ください。

\Amazonミュージックでチェックする/

366日ドラマの原作について

『366日』というドラマは原作がなく、完全なオリジナルストーリーです。

このドラマは、人気バンドHYの名曲『366日』の世界観に着想を得て作られています。

created by Rinker
エイベックストラックス

 

366日ドラマのあらすじ

366日は、高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした男女が予期せぬ悲劇に直面しながらも、愛する人を想い続ける壮大な愛の物語です

物語は28歳の雪平明日香(広瀬アリス)が高校時代に好きだった水野遥斗(眞栄田郷敦)と再会することから始まります。

高校時代お互いに思いを伝えられないまま離ればなれになった2人が12年越しの恋を実らせ、交際を始めます。

しかし予期せぬ悲劇が遥斗に襲い、彼は意識不明の重体になってしまいます。

明日香は遥斗を想い続け、彼の近くにいる日々を送りながら12年間の思い出を回想します。

果たして、2人の恋の行方はどうなるのでしょうか――。

感動と切なさが交差する、心温まる物語です。

 

366日ドラマの脚本家

脚本は清水友佳子さんが手掛けています​。

清水友佳子さんは日本の脚本家で、2000年にデビューしました。

彼女は日本脚本家連盟のメンバーであり、シナリオ・センターの出身です。

2017年には彼女が脚本を手がけた『リバース』で第93回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の脚本賞と最優秀作品賞を受賞しました。

同年、第8回コンフィデンスアワード・ドラマ賞の脚本賞も受賞しています。

清水友佳子さんが手掛けた作品

『ホテルローヤル』(2020)

『イエスタデイズ』(2009)

『最終兵器彼女』(2006)、『手紙』(2006)

『CROSS』(2001)

『リバーサルオーケストラ』(NTV/2023)

『最愛』(TBS/2021)

彼女は緻密な人間ドラマや心理描写を得意とする脚本家として知られ、作品ごとに異なる人間の深層を探るストーリーを展開しています。

 

まとめ

今回は『366日ドラマの原作は?あらすじや脚本家も紹介!』についてご紹介しました。

この記事での要点

●366日ドラマはオリジナルストーリー

●366日は涙なしには見れない感動の物語

●366日の脚本家は清水友佳子さん

\Amazonミュージックでチェックする/

ABOUT ME
yupi
関西在住、OLブロガーのyupiと申します。日常のちょっと気になるコトだったり、トレンドまで幅広く発信しております。